ごぼう茶と冷え性

ごぼう茶と冷え性について

冷え性に悩まされているという女性の方は実に多く、これは生理によるホルモンバランスの乱れによる血流障害が原因だと考えられております。

 

男性よりも冷え性に悩まされやすいというのは仕方ないのですが、放置していると色々な部位の臓器の新陳代謝が悪くなり機能低下を引き起こすことがあるので、ごぼう茶の摂取がおすすめです。

 

温かいごぼう茶の中には、ポリフェノールの一種であるサポニンが含まれており、血液を固めようとしている血小板の機能を抑える働きがあるので、血液の流れをサラサラにしてくれます。

 

つまり、血液が過剰に固まりやすくなるのを防ぎ、血行を促してくれるため、滋養強壮の効果によって冷え性の改善に役立つというわけです。

 

冷え性になると、血液の流れが行き渡りにくい手足の先が冷えて辛いという状態に悩まされることが多く、自然と治るような症状ではありません。

 

冷え性は病気というわけではないものの、症状が悪化すれば日常生活に支障が出ることも十分にあり得るので、ごぼう茶を飲んでできる限りの対策を行った方が良いと説明できます。

 

ごぼう茶も漢方で使用されている生薬の一種であり、冷え性などの改善効果を得るためには一定期間は飲み続けなければならないのです。

 

それでも、少しずつ冷え性の症状が和らいでいくことは間違いないので、このサイトでご紹介している「山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶」をおすすめします。

 

数あるごぼう茶の中でも、この製品は土臭さを解消しており、女性でも高齢者の方でも美味しく頂けるはずなので、是非「山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶」を飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、冷え性を改善していくためには、体温上昇を促していくとともに、血流を改善することが大事です。

 

そのため、ごぼう茶だけに頼るのではなく、ショウガといった身体を温める食べ物を食べたり、普段の生活を見直して運動をするように心掛けた方が良いでしょう。

 

日頃の運動不足によって、「寒気を感じる」「手足が冷たい」という症状に悩まされやすくなるので、ストレッチやウォーキングなど、自分のできる範囲で身体を動かす必要があります。

 

また、カフェインを過剰に摂取しているという方は、血管を収縮させる力が強まってしまうため、冷え性の症状が悪化するかもしれません。

 

女性の方で、カフェインが多く含まれたコーヒーや紅茶の過剰摂取は危険なため、一切含まれていないごぼう茶を飲むのが適しているというわけです。

 

ごぼうから取れる栄養分で作ったごぼう茶の中はノンカフェインですし、冷え性だけではなく若返りを望める飲み物として非常に有名なので、是非一度試してみてください。


「ごぼう茶と美容」に関するページ

m