ごぼう茶と貧血

ごぼう茶は貧血の予防に繋がるの?

ごぼう茶は貧血の予防に繋がるの?

ごぼう茶の中には、基礎代謝をアップさせる造血作用のある鉄分が含まれているため、貧血の症状を緩和できる飲み物の一つとなっています。

 

貧血の大きな原因は、毎日の食生活での鉄分不足となっており、普通の食生活を送っていれば極端に不足するという事態は避けられるはずです。

 

しかし、偏った食生活を長期的に送っているという方は、鉄分が不足しやすくその影響で貧血気味になってしまうかもしれないので、栄養素を補給するという意味でもごぼう茶の摂取は非常に適しています。

 

特に、女性は男性よりも鉄分が体内から不足しやすいと考えられており、それは毎月引き起こされる生理が大きな原因です。

 

1回の月経で失われる鉄分は約20mg〜30mg程度だと考えられており、貧血だけではなく生理不順を引き起こす要因ともなるので、意識して摂取していかなければならない栄養素だということがお分かり頂けるでしょう。

 

それに、鉄分不足によって妊娠を維持させるために欠かせない黄体ホルモンの分泌量が低下し、結果的に不妊になりやすいので、普段の食生活で鉄分を含んだ食事を摂取できていないのであれば、ごぼう茶を飲むようにした方が良いのです。

 

もちろん、既に妊娠しているという女性にも鉄分は欠かせない栄養素ですし、ホルモンバランスの乱れによる貧血を防ぐためにも、このサイトでご紹介している「山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶」の摂取をおすすめします。

 

国産の高品質なごぼうをふんだんに使用した飲み物で、インターネットの口コミで高い評判を獲得しました。

 

緑茶のようにカフェインが配合された飲み物ではなく、妊娠中の女性でも気軽に摂取できるので、貧血を予防するためにも通販で「山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶」を購入してみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 


鉄分を摂取する目的でごぼう茶を飲み過ぎるのは危険!

さて、いくら鉄分を摂取したいといっても、ごぼう茶を必要以上に飲み過ぎるというケアは危険です。

 

鉄分以外にも、ごぼう茶の中にはサポニンと呼ばれる栄養素が含まれており、過剰に摂取していると赤血球や細胞膜を分解して、貧血や胃痛といった不快な症状が現れるようになります。

 

ごぼう茶を販売している公式サイトでは、どの程度の量を毎日飲めば良いのか詳しく記載されているはずなので、事前にきちんとチェックしておかなければなりません。

 

また、貧血を予防するにはごぼう茶だけではなく、他の健康茶を飲むという選択肢もあります。

 

ビタミンやミネラルが多い「アルファルファティー」、循環器に良いと考えられている「高麗人参茶」、貧血改善の生薬としても使用されている「しいたけ茶」、血液を浄化させる作用がある「明日葉茶」、古代からハーブとして使われている「紅花茶」が代表的です。

 

全ての健康茶を飲めば良いというわけではありませんが、どれも普段の栄養不足を補ってくれる飲み物なので、自分が美味しいと思える製品を長期的に摂取していきましょう。


「ごぼう茶と美容」に関するページ

m