中国産のごぼう茶

中国産のごぼう茶について

ごぼう茶を摂取したことによる副作用が気になるというのであれば、中国産といった海外の製品ではなく、国産のごぼう茶を飲むべきです。

 

基本的に副作用というものは医薬品にしか認められておらず、健康食品の摂取で引き起こされないと考えられております。

 

しかし、そんなごぼう茶でもアレルギー体質の方が摂取すると、蕁麻疹や腹痛といった症状が引き起こされる可能性はありますし、毒性の強いサポニンを過剰に取り入れるのは危険なのです。

 

それでも、健康と美容に良いというのは紛れもない事実なので、少しでも大きな効果を得るためにも、中国産の製品よりも国産の製品を選んだ方が良いということがお分かり頂けるでしょう。

 

「中国産の製品は危険」と一概に決め付けることはできませんが、日本では許可されていない農薬が使われている可能性は十分にあります。

 

原材料として使用しているごぼうに問題がなかったとしても、農薬による弊害は十分に考えられるので、中国産のごぼう茶には注意しなければならないのです。

 

中国産といった外国産の製品よりも、日本産の方が安心するはずなので、「鹿児島県産」「九州産ごぼう使用」と記載されたごぼう茶を選んだ方が良いかもしれません。

 

このサイトでご紹介している「山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶」は、茨城県産のごぼうを使用しているので、中国産の製品とは大きく異なります。

 

使用が禁止されている農薬は一切使っていませんし、ドクターの南雲医師が監修している素晴らしい製品なので、「山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶」を飲んで美容と健康を気遣ってみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、中国産だからといって、危険なごぼう茶と決め付けるのは良くありませんが、残留農薬の危険性は十分にあり得るので、国産の製品を飲むようにした方が良いというのはお分かり頂けるはずです。

 

日本産の製品であれば、禁じられた農薬などを使っているわけがありませんし、副作用やアレルギー症状が引き起こされるリスクを大幅に下げることができます。

 

健康茶は意外と中国産の製品が多くなっておりますが、上記でご紹介した製品を筆頭に国産の製品は通販で次々と販売されているのです。

 

このサイトではご紹介していないのですが、イソフラボンやサポニンを含んだ「べっぴん黒豆ごぼう茶」や、メタボやアトピーの改善に効果的な「爽快ごぼうなた豆茶」といった製品は国産なので、自分が気に入った製品を長期的に飲み続けてみてください。


「ごぼう茶のデメリット」に関するページ

m