ごぼう茶と皮

ごぼう茶と皮について

ごぼうの皮の中にはサポニンと呼ばれる悪い菌や虫から守る作用を持った成分が含まれており、ごぼう茶の中にもこの成分が配合されております。

 

ごぼうの皮から採取できるサポニンが、ごぼう茶の中でも目玉の栄養素となっており、アンチエイジング効果や若返り効果が期待できるのです。

 

高価な食材として知られる高麗人参の中にも含まれているサポニンが、ごぼうの皮の中にも配合されており、ごぼう茶を飲むだけで体内に取り入れることができます。

 

錆びない身体作りをサポートしてくれる素晴らしい成分ですし、悪玉コレステロールを排出する界面活性作用や、活性酸素を取り除く抗酸化作用を持ち合わせた素晴らしい成分だということがお分かり頂けるでしょう。

 

ごぼうを使った料理を毎日のように食べるのは、少々現実的ではありませんが、通販で販売されているごぼう茶であれば、粉末を溶かすだけで気軽に摂取できるのです。

 

しかも、サポニンには傷を治す効果や、肌荒れやシミを除去する効果まで持ち合わせており、美容をサポートしてくれる成分でもあるので、ごぼう茶は女性の方に適しております。

 

このサイトでご紹介している「山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶」は、高級なごぼうの皮をふんだんに使用している健康茶となっており、マイルドな味わいというところが大きな特徴です。

 

直ぐに美容効果や健康効果が得られないとしても、長期的に飲んでいくうちにだんだんと身体に変化が生じるはずなので、一度「山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶」を飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、ごぼう茶を飲まなくても、自宅でごぼうを使った料理を取り入れれば、この野菜の中に含まれている栄養素をきちんと摂取できます。

 

しかし、上記でも説明したように、ポリフェノールの一種であるサポニンはごぼうの皮の中に含まれているため、皮を剥いて捨ててしまうのは勿体無いのです。

 

ごぼうの実の部分を食べたとしても、サポニンを体内に取り入れることはできないので、皮もきちんと食べるように心掛けましょう。

 

ただし、これはごぼう茶にも言えることなのですが、サポニンをあまりにも過剰に摂取すると、溶血作用が強い影響で下痢といった副作用が引き起こされることがあるので注意が必要となります。

 

サポニンの許容量には個人差があるものの、美容や健康を促進したいからといって、ガバガバとごぼう茶を飲み続けている方は非常に危険です。


「ごぼう茶のデメリット」に関するページ

m