ごぼう茶と眠気

ごぼう茶と眠気について

ごぼう茶の中にはサポニンと呼ばれる成分が含まれており、血液をサラサラにするという作用があります。

 

しかし、過剰に摂取すると副作用が引き起こされると考えられており、眠気はその症状の一つです。

 

個人によって生じる症状には違いが生じているので、一概には説明できないのですが、ごぼう茶を飲むことで眠気が引き起こされる可能性は十分にあります。

 

サポニンの界面活性作用は素晴らしく、悪玉コレステロールを分解して太りにくい体質を維持してくれるものの、善玉コレステロールを破壊することもあるので、アレルギー反応の一種として眠気が生じるのです。

 

他にも、口内の乾燥や肌のブツブツ、発熱といった症状が引き起こされるかもしれないので、ごぼう茶の過剰摂取には十分に注意しなければなりません。

 

ただの眠気であればそこまで心配する必要はありませんが、どんなに身体に良いと言われている栄養素であっても、必要以上に体内に取り込んでいては異常が生じるかもしれないので、程ほどの摂取を心掛けるのが大事だと説明できます。

 

栄養ドリンクといった飲み物にも全く同じことが言えますし、喉が渇く度に栄養ドリンクを摂取していては、身体に異常が生じるということはお分かり頂けるはずです。

 

当サイトでご紹介している「山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶」も一緒で、健康や美容に良いからと言って、飲みすぎていると身体に不快な症状が現れる可能性があります。

 

少しずつ摂取してこそ、美肌を維持できたり便秘を解消できたりするので、「山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶」を飲む場合も量には十分に気を付けてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、ごぼう茶を飲んでみて、「眠気がおさまらない」「口の中が異常に渇く」「精神的に不安定になる」という症状が現れたのであれば、直ぐに摂取を中止する必要があります。

 

どのメーカーの製品も健康食品なので、医薬品のような副作用が引き起こされるということはありませんが、身体を危険な状態に晒してまで飲む飲み物ではないのです。

 

飲むのをやめても症状の回復が見られないようであれば、病院を受診して専門医の指示を受けた方が良いでしょう。

 

特に、持病を持っていて医師から医薬品を処方されているという方や、妊娠中や授乳中の女性は、ごぼう茶を飲む前にかかりつけの医師に事前に相談するのが安全だと言えます。

 

実際に飲んでみなければ、自分の体質に合うか合わないか判断できないものの、少しでも眠気といった不快な症状が引き起こされないような対策を練るべきです。


「ごぼう茶のデメリット」に関するページ

m