ごぼう茶とポリフェノール

ごぼう茶とポリフェノールについて

ごぼう茶の中にはたっぷりのポリフェノールが含まれており、美容と健康を促進することができます。

 

ポリフェノールとは植物の光合成によって作られる成分の一種で、抗酸化作用を持ったこの成分は何と自然界に5,000種以上も存在するのです。

 

ごぼう茶の中に含まれているポリフェノールとしては、サポニンやクロロゲン酸が挙げられ、これらの成分を体内に取り入れることによって身体の内側から健康を保つことができます。

 

サポニンには細菌をやっつける作用があり、体内に入り込むことで血液の中の悪玉コレステロールを分解してくれますし、クロロゲン酸は若返りに大きな効果が得られるポリフェノールなのです。

 

これらの有効な成分をごぼう茶を飲むだけで摂取できるということで、素晴らしい飲み物だということがお分かり頂けるでしょう。

 

赤ワインや緑茶といった飲み物の中にもポリフェノールは含まれておりますが、赤ワインはお酒なので飲めないという方はいらっしゃるはずですし、緑茶の中にはカフェインが配合されているので妊娠中や授乳中の女性は避けた方が良いと言えます。

 

その点、ごぼう茶はノンカフェインで安全にポリフェノールを摂取できるということで、毎日の生活の中に取り入れる価値は大いにあるというわけです。

 

もちろん、ポリフェノールだけではなくミネラルやビタミンといった栄養素も豊富に含まれているので、食生活が乱れている方には「山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶」がおすすめとなっております。

 

甘みがありごぼう独特の土臭さは取り除かれている製品なので、「山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶」を飲んで健康と美容を促進してみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、ごぼう茶の中に含まれているサポニンはポリフェノールの一種で、上記で血液中の悪玉コレステロールを分解する作用があると説明しました。

 

食物繊維とともに便秘の解消に役立てられる成分ですし、メタボの解消にも適しているのですが、サポニンの過剰摂取には十分に注意しなければなりません。

 

ごぼう茶を飲み過ぎて、あまりにも多くのサポニンを体内に取り入れていると、便秘を治すどころか逆に下痢が引き起こされてしまいます。

 

それに、溶血作用が強くて毒性があり、他の不快な症状に悩まされたりアレルギー反応が生じたりするかもしれないので、ごぼう茶を取り入れる場合は程ほどの摂取を心掛けなければならないのです。

 

ポリフェノールに限らず、どんな栄養素も過剰に摂取したからといって大きな効果が得られるというわけではないので、飲み過ぎには注意してください。


「ごぼう茶の栄養」に関するページ

m