ごぼう茶とカリウム

ごぼう茶とカリウムについて

ごぼう茶の中には、ミネラル分の一つであるカリウムが配合されており、利尿作用を持ち合わせているので、体内の不必要な水分を排出してくれます。

 

水分だけではなく老廃物の排出にも、カリウムは大きな効果を発揮するので、ごぼう茶を積極的に取り入れた方が良いというわけです。

 

老廃物が体内に溜まっていると、腸内環境が乱れて便秘の原因になったり、免疫力が低下して病気に掛かりやすくなったりと、様々な弊害があるので、定期的に摂取していかなければなりません。

 

特に、現代人の食生活は塩分や糖分を過剰摂取している傾向があり、その影響で手足や下半身のむくみが引き起こされている女性の方は多くいらっしゃいます。

 

そこで、ごぼう茶を毎日の生活に取り入れるだけで、カリウムの効能で体内の余分な水分を排出してくれるので、むくみを解消してダイエット効果を大きく上げることができるのです。

 

他にも、カリウムには血圧を下げたり腸内筋肉を助けたりといった効能を持ち合わせており、亜鉛や鉄分といった人間が生きていくために欠かせない栄養素も、ごぼう茶の中にはたっぷりと含まれております。

 

普段の食生活を直ぐに改善することができないとしても、ごぼう茶を飲むように心掛けることはそこまで難しくないので、このサイトでご紹介している「山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶」の摂取が実におすすめです。

 

お試しセットが送料無料の600円という激安料金ですし、天然の植物のみを使った健康茶なので、「山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶」を飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、上記でカリウムが水分や老廃物の排出を助けるという大きな役割を果たしているということについて、詳しく説明致しました。

 

しかし、何かしらの病気で腎臓に障害があると、カリウムを尿から排出させることが難しくなり、少しずつ体内に蓄積されていきます。

 

そして、血液の中のカリウム濃度があまりにも高くなりすぎると、不整脈が引き起こされたり心臓が止まって突然死に至ったりと、命に関わることも十分にあり得るので、腎臓に障害を抱えている方はごぼう茶の摂取には注意しなければなりません。

 

ごぼう茶に含まれているカリウムの量はそこまで多くないのですが、医師からカリウム制限を受けているのであれば、ごぼう茶はできる限り控えた方が良いと言えます。

 

ごぼう100g当たり大よそ210mgのカリウムが含まれており、健康茶といった抽出液になると約半分くらいまで減るので、1日に1杯や2杯ならば問題はないはずです。

 

それでも、不快な症状が引き起こされるリスクも考えて、腎臓に障害を抱えている方は、ごぼう茶を飲む前に専門医の診断を受けるようにしてください。


「ごぼう茶の栄養」に関するページ

m