ごぼう茶とサポニン

ごぼう茶とサポニンについて

ごぼう茶の中に含まれている成分で、イヌリンとともに注目されているのがサポニンです。

 

あまり聞き慣れない成分かもしれませんが、ごぼう茶の中に含まれているサポニンは腸内清掃や血管の詰まりを改善するという効果を持ち合わせております。

 

どの程度含有されているのかごぼう茶の製品によって異なるものの、サポニンはごぼうの中に配合された栄養素の一つなので、一般的な製品であれば体内に取り入れられるというわけです。

 

サポニンはポリフェノールの一種で、ごぼうの皮の部分に多く含まれており、悪玉コレステロールを分解する働きもあるので肥満の予防にも繋がります。

 

もし、自宅でごぼうを使った料理をする場合、ごぼうの皮を剥いてしまうとサポニンを体内に取り入れることができないので、そのまま使わなければなりません。

 

そして、灰汁の中にもごぼうの栄養分がしみ込んでいるので、アク抜きせずに調理を行った方が良いということはお分かり頂けるはずです。

 

他にも、サポニンは傷を治す創傷治癒作用や、肌荒れやシミを和らげる効果があり、健康だけではなく美容に適した栄養素だと説明できます。

 

体内の錆び付きから守ってくれる成分ということは間違いないですし、脂肪も体外へ流してくれるため、サポニンはごぼう茶で積極的に取り入れた方が良いのです。

 

どのごぼう茶でも同じような効果が得られるというわけではないので、国産の高級の食材をふんだんに使用した「山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶」をおすすめします。

 

実際に、ドクター南雲が監修している製品ですし、数多くの人々から評判の飲み物なので、是非一度「山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶」を飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、地中の中は皆さんが考えている以上に劣悪な環境で、トマトやミカンなどを埋めると直ぐに腐敗してしまいます。

 

しかし、ごぼうはそんな過酷な状況の中でもすくすくと育つことができ、それは殺菌作用を示すサポニンが皮の部分に含まれているからなのです。

 

上記でもご説明したように、サポニンによって血中のコレステロールを分解してくれるため、「ごぼう茶はダイエットに適している」「ごぼう茶は高脂血症の予防に繋がる」と言われているのではないでしょうか。

 

とは言え、ごぼうに限らず灰汁の強い食品は、過剰に摂取し過ぎると副作用を引き起こすと考えられており、ごぼう茶の飲み過ぎによってサポニンを多く取り入れていると、胃もたれや消化不良に繋がります。

 

便秘を治すためにごぼう茶を飲んでいたとしても、飲み過ぎによって今度は下痢に悩まされるかもしれないので、どのごぼう茶を飲むにしても程ほどの摂取を心掛けるべきです。


「ごぼう茶の栄養」に関するページ

m