ごぼう茶は消化が悪いの?

ごぼう茶は消化が悪いの?

一般的にごぼうは消化の悪い食べ物に分類され、食物繊維が多いことが大きな原因かもしれません。

 

同じ野菜類としてはレンコンやタケノコ、オクラやキノコ類が挙げられ、これらの食べ物には全て食物繊維が豊富に含まれており消化が悪いという特徴があります。

 

もちろん、食物繊維は私たちにとって欠かせない栄養素の一つとなっており、血糖値の上昇を防いだり便のカサを増して便秘を抑制したりと健康を促す力があるので、毎日の食生活で積極的に取り入れるべきです。

 

しかし、ごぼうが含まれたごぼう茶は消化が悪いということはありませんし、身体に良い成分や栄養素を飲み物としてバランス良く取り入れることができます。

 

 

・不溶性食物繊維

・水溶性食物繊維

・ビタミンB群

・カリウム

・イヌリン

・サポニン

 

 

上記のような栄養素がごぼう茶の中には含まれており、様々な美容効果や健康効果が期待できます。

 

どの栄養素も生きていく上で欠かせない存在ですし、現代人は特に不足しやすいので通販で販売されているごぼう茶で補給するのがおすすめです。

 

どんな製品でも良いというわけではなく、なるべく質の高いごぼうを使っているものを選ばなければなりません。

 

そこで、当サイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶が適しており、国産の安全性の高いごぼうが使われているので是非一度飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、野菜のごぼうは食物繊維の影響で消化が悪く、良く噛んで食べないと胃で消化できずに固形のまま腸内へと送られてしまうので注意が必要です。

 

腸に負担が加われば便秘や下痢の改善には繋がりませんし、逆に症状の悪化を促してしまうかもしれません。

 

その点、ごぼう茶ならば固形物は一切含まれていないので、物理的な刺激が腸に加わる心配はないのです。

 

そこで、以下ではごぼうと同じように消化に悪い食べ物を幾つか挙げてみたので、胃腸の働きが弱っている時はなるべく摂取を控えましょう。

 

 

・オートミールやコーンフレークといった穀類

・さつまいもやこんにゃくといった芋類

・納豆やがんもといった豆類

・イカやタコといった魚介類

・ソーセージやハムといった肉類

・キウイやスイカといった果物

 

 

「この食べ物って消化が悪かったんだ??」と驚いた方は多いかもしれません。

 

消化の悪い食べ物を食べ続ければ胃腸を中心とする内臓に大きな負担が加わるので、風邪やインフルエンザで体調を崩している際は特に注意してください。


「ごぼう茶に関する疑問」のページ

m