ごぼう茶の適量はどのくらいなの?

ごぼう茶の適量はどのくらいなの?

「ごぼう茶の適量はどのくらいなのか?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

確かに、健康や美容を促進するためにごぼう茶を飲み始めたのであれば、どのくらいが適量なのか気になるはずです。

 

しかし、ごぼう茶は医薬品やサプリメントとは違ってあくまでも健康茶なので、特に制限などはありません。

 

これはごぼう茶に限らず、プーアル茶やほうじ茶、マテ茶や黒豆茶といった製品にも該当します。

 

健康維持のために麦茶や烏龍茶の代わりにごぼう茶を飲むような感覚で良いですし、どのメーカーでも特に適量は定められていないのです。

 

ジュースのように糖分はほとんど含まれておりませんし、他のお茶のようにカフェインは配合されていないので、安心してごぼう茶を飲み続けられることは間違いないでしょう。

 

当サイトで積極的にご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の公式サイトでも、「本製品に適量はございません」と記載されておりました。

 

内服薬のように「1日に2回に渡って2錠を服用する」「食後に3錠を服用する」と細かく医師から指示されることはないため、自分のペースに合わせて山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲むのがベストです。

 

ごぼう茶を飲むタイミングも特に定められておらず、起床時でも就寝前でも「喉が渇いたら飲む」という感じで全く問題ありません。

 

数多くの製品の中でも高品質で国産のごぼうを使っているということで、山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶は有名なので、一度お試しパックを購入してみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、ごぼう茶の中には血栓を抑制したり肝機能障害を改善したりという効果を持ち合わせているサポニンが含まれており、有効成分の一つとなっております。

 

ゴボウの皮の中にはこのポリフェノールの一種のサポニンが豊富に含まれており、ごぼう茶を飲むだけで簡単に摂取できるのです。

 

ごぼうを土の中で細菌から守るために生み出された成分ですが、界面活性の機能を持ち合わせているため、細菌の細胞膜を壊すという働きがあります。

 

そのため、健康効果や美容効果が高いからといってあまりにも多くのごぼう茶を飲んでいると、人間の消化器官の細胞を壊してしまうので十分に注意しなければなりません。

 

サポニンに対する抵抗力には個人差があるものの、どんなに健康に良い飲み物でも飲み過ぎれば害になるため、適量のごぼう茶を長期間に渡って続けなければならないということはお分かり頂けるはずです。

 

実際にごぼう茶を飲み過ぎて、「下痢になった」「胃が痛くなった」という症状が引き起こされた方はいらっしゃるので、1日に数杯程度を守ってください。


「ごぼう茶に関する疑問」のページ

m