安眠効果を持つごぼう茶

安眠効果を持つごぼう茶を飲んでみよう

毎日の生活の中で、以下のように睡眠に関する何かしらの悩みを抱えている方はいませんか?

 

・布団やベッドに入っても直ぐに寝付くことができない

・目を瞑ってじっとしている時間帯が長くて辛い

・深夜に目覚めてしまってその後に再び眠ることができない

・早朝の早い時間帯に起きてしまう

 

これらの症状が頻繁に繰り返されているのであれば、不眠症の可能性が少なからずあります。

 

そこで、不眠や睡眠障害の症状を少しでも和らげるために、安眠効果を持つごぼう茶を飲んでみてはいかがでしょうか。

 

睡眠薬のような確実な作用は得られないとしても、ごぼう茶を飲み続けていれば寝付きが良くなったりグッスリと眠れたりと睡眠に関してたくさんの良い影響があります。

 

以下ではごぼう茶に安眠効果がある理由をまとめていますので、身体の内側から体質改善を図りたいと考えている方は一度チェックしておいてください。


精神を安定させる作用を持つ

ごぼう茶の中には豊富なポリフェノールが含まれているため、精神を安定させる作用があります。

 

ポリフェノールと聞き、「赤ワインやチョコレートの中に含まれている栄養素なのでは??」とイメージしている方は多いのではないでしょうか。

 

しかし、ごぼう茶もポリフェノールが豊富な飲み物の一つで、毎日飲んでいると適度なリラックス状態になって不安感を軽減したりイライラしにくくなったりする脳内物質のセロトニンが分泌されます。

 

セロトニンが増えやすくなるからこそ、温かいごぼう茶を飲んでリラックス効果が増し、グッスリと眠りやすくなるのです。

 

・日常生活の中で不安やストレスを感じている

・緊張によって気疲れしやすい

・人間関係の悩みを抱えている

 

このような人は睡眠に関するトラブルが引き起こされやすいので、国産の食材をふんだんに使った山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶をおすすめします。

 

ホットでもアイスでも自分の好きな飲み方で続けられますので、安眠を得るために毎日の生活の中に山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を取り入れてみてくださいね。

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 


脳内の興奮を鎮めるアミノ酸が豊富に含まれている

ごぼう茶が安眠効果を持っているのは、脳内の興奮を鎮めるアミノ酸が豊富に含まれているからです。

 

体内に取り込まれたアミノ酸が身体へとどんな働きをするのか見ていきましょう。

 

@不安感を抱えたり落ち込んだりしているとアドレナリンが分泌される

Aごぼう茶を飲むと体内では生成できない必須アミノ酸を摂取できる

Bそのアミノ酸がアドレナリンの分泌を抑えるように働きかけてくれる

C不安な気分や落ち込んだ状態を解消してくれる

 

精神的なストレスを抱えていたり不安感が高まったりしていると、睡眠へと悪影響が出やすいので注意しなければなりません。

 

自律神経の副交感神経が優位になってリラックスした状態でなければ快眠や安眠は得られないため、アミノ酸を摂取できるごぼう茶が役立ちます。

 

気持ちを落ち着かせるために寝る前にコーヒーや紅茶を飲んでいる人はいますが、カフェインの作用によって脳が興奮して逆に眠りが阻害されるケースが多いので注意が必要です。

 

一方でごぼう茶はノンカフェインで睡眠が妨げられることは一切ないので、イライラを抱えやすい妊娠中や授乳中の女性も寝る前に飲んでリラクゼーションパワーを得てみてください。


「ごぼう茶と健康」に関するページ

m