尿路結石を予防できるごぼう茶

尿路結石とはどんな病気?

尿路結石とは尿が通る道に石が詰まる病気のことを指し、一昔前から七転八倒の苦しみと表現されてきました。

 

確かに、普段ならば体外へと放出しなければならない尿が出なくなるので、激痛が引き起こされたとしても決して不思議ではありません。

 

どのようなメカニズムで尿路結石によって痛みが出るのか見ていきましょう。

 

@結石は腎臓の中っで作られるが最初は動かずに存在しているだけ

A結石が内部で動いても気付くことはなく、出血も特にない

B腎臓内から尿管へと移動した際に尿管に詰まってしまう

C尿管にはまり込んで尿が正常に流れなくなる

D腎臓は膨らんで背中から脇腹にかけて激痛が走る

 

3大激痛と言われるほどの痛みが走りやすく、苦しさのあまりに同じ姿勢を保てないのが特徴です。

 

当然のように日常生活を送ることはできず、早めに病院を受診して適切な治療を受けなければなりません。


尿路結石を予防できるごぼう茶を飲もう

ごぼう茶は健康茶なので病気の治療には繋がりませんが、尿路結石の予防には繋がると考えられています。

 

ごぼう茶を飲む生活を続けると尿路結石の発症リスクを減らすことができ、それは豊富な栄養素を含む飲み物で水分補給に繋がるからです。

 

尿路結石の予防として水分補給は欠かせず、1日の尿量が2,000ml以上だと結石が形成される確率が低くなります。

 

ただし、水分であれば何でも良いわけではなく、塩分や糖分を含む飲み物だとカルシウムの排泄が加速し、尿路結石を患いやすいので注意しなければなりません。

 

特に、一度発症しても再発のリスクは十分にありますし、塩分や糖分が限りなく抑えられたごぼう茶が身体にとって良いのはお分かり頂けるはずです。

 

尿路結石の患者さんに不足しやすいマグネシウムや食物繊維が多いので、日々の健康を維持するためにも当サイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみてください。

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 


尿路結石になったら正しい治療が必要

ごぼう茶で行えるのはあくまでも尿路結石の予防なので、この病気を発症して痛みが出たら早めに正しい治療を受ける必要があります。

 

医療機関でどのような処置が行われているのか見ていきましょう。

 

ジャンプや縄跳びのような有酸素運動で自然と結石を排出する水運動療法

非ステロイド系解熱鎮痛薬や抗コリン作動薬による投薬治療

繰り返す痛みや結石の大きさが10o以上の場合は衝撃はエネルギーを照射する体外衝撃波結石破砕術を行う

直視で観察しながらホルミウムYAGレーザーで石を砕く経尿道的尿管砕石術

 

個人の症状によって適切な方法は異なり、専門医の指示に従ってください。


「ごぼう茶と健康」に関するページ

m