ごぼう茶と痛風

ごぼう茶と痛風について

尿酸値が高いと痛風と呼ばれる病気を患うことがあり、一度掛かると治療が非常に困難で、関節のあちこちが痛くなって風が吹いただけでも歩けなくなるような状態となります。

 

そこで、痛風を予防するにはごぼう茶の摂取が効果的で、それは腎臓の働きを良くして利尿作用を促してくれるからです。

 

尿酸値を下げるには、尿酸と尿と一緒に体外に排出させる必要があり、ごぼう茶を毎日飲んでいれば尿をアルカリ性に傾けて、尿酸を溶けやすくすることができます。

 

体内に溜まっている尿酸が原因で痛風が引き起こされているというのであれば、利尿作用のあるごぼう茶を飲めば良いということはお分かり頂けるでしょう。

 

痛風の原因は、贅沢品などの過剰摂取による尿酸値の上昇で、ビールの中に含まれているプリン体もその一つとなっております。

 

尿酸値が体内の中で高くなると、だんだんとガラスの破片のような尿酸塩が形成され、身体の内部から患部を指すようになるので、炎症が引き起こされたり耐えられないような痛みを伴うのです。

 

そのため、痛風を予防したいというのであれば、ごぼう茶の効能だけに頼るのではなく、偏った食生活を送っていないかどうか、今一度見直してみた方が良いかもしれません。

 

もちろん、ごぼう茶が痛風の予防になるのは事実なので、このサイトでご紹介している「山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶」をおすすめします。

 

「山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶」を毎日の生活の中に取り入れ、同時に栄養素のバランスに気を配って食事をしていれば、痛風で悩まされることはなくなるはずです。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、以前までは中高年の方が痛風を発症しやすいと考えられていたものの、食生活の欧米化によって、近年では20代という若者でも発症することがあります。

 

特に、30代から40代の男性が痛風を患いやすく、これは生活習慣が一変してストレスが溜まったり暴飲暴食が多くなったりすることが原因です。

 

近親者に痛風を発症した人がいると、その体質が遺伝して発症するリスクは大きく増すのですが、自分の生活スタイルに注意していれば悩まされることは少なくなるでしょう。

 

いくらごぼう茶を飲むように心掛けていたとしても、尿酸値を高めるプリン体が含まれたものばかり摂取していると、発症するリスクは高まります。

 

鶏や豚のレバー・サンマ・カツオ・牛肉・ビールといった食品は、尿酸値を高める原因となるので、なるべく控えるとともに緑黄色野菜や海草類を意識して食べるようにしてください。


「ごぼう茶と健康」に関するページ

m