ごぼう茶でうつ病を予防できる?

うつ病の原因や代表的な症状とは?

うつ病の原因や代表的な症状とは?

うつ病は精神的な病気の代表格と言っても過言ではなく、近年では発症する方が増えました。

 

2008年の10月に実施した厚生労働省の調査によると、医療機関にかかっているうつ病の患者さんの数は100万人を超えるとデータが出ています。

 

まだ完全には解明されていないのですが、なぜうつ病を発症してしまうのか考えられる原因を見ていきましょう。

 

・パワハラやセクハラなど仕事で何かしらのストレスが溜まっている

・ビジネスやプライベートで人間関係の悩みを抱えている

・日々忙しい生活を送っていて、慢性的な疲れや疲労が溜まっている

・家族や親しい友人が亡くなって精神的なショックを受けた

・月経前や出産後など女性ホルモンのバランスが変化して不安定な状態に陥っている

 

 

主にストレスが引き金となって発症するケースが多く、一度うつ病を患うと中々治らないのが厄介なところですね。

 

うつ病を発症した患者さんは、「何をしていても楽しくない」「自分の好きだったことに興味が湧かない」「意欲やモチベーションが低下する」「急に悲しくなって涙が出る」「イライラ感が募る」「耳鳴りやめまいが悪化する」といった症状が出ます。

 

身体的な症状と精神的な症状の2つが同時に引き起こされるケースもあり、日常生活に支障が出るのは決して珍しくありません。


ごぼう茶を飲んでうつ病を予防できるの?

美容や健康に良い飲み物のごぼう茶は、「うつ病の予防にも繋がるのでは?」といった意見が出ています。

 

もちろん、ごぼう茶は内服薬ではなくただの健康茶ですので、うつ病を治療することは絶対にできません。

 

それでも、ごぼう茶がうつ病に効果的だと考えられているのはホルモンバランスを整える作用を持つのが大きな理由で、詳しいメカニズムについて見ていきましょう。

 

@ごぼう茶の中には女性ホルモンの分泌を促すアルギニンが含まれている

Aアルギニンの効果によってホルモンバランスが自然と整っていく

Bうつ病の患者さんの多くは何かしらの原因で自律神経やホルモンのバランスが崩れている

C温かいごぼう茶を飲んで落ち着くことにより、精神的なストレスが緩和する

Dうつ病を未然に予防したり症状を少しでも和らげたりできる

 

身体の内側からホルモンバランスを整えるように働きかけてくれるため、うつ病にもいくらか期待できそうですね。

 

それに、冬場の寒い時期に温かいごぼう茶を飲めば、リラックス作用やリフレッシュ効果はアップします。

 

うつ病の患者さんは精神的に落ち着くことから始めなければならないので、国産の原材料を使った山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶がおすすめです。

 

山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶は料金の安さと美味しさ、香ばしさが魅力的な飲み物ですので、是非一度飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 


うつ病を予防するにはどうすれば良い?

ごぼう茶だけではうつ病を完全に予防することはできないので、次の方法を毎日の生活の中で実践してみましょう。

 

・ネガティブな感情を引きずらないようにする

・脳内の神経伝達物質のセロトニンを摂取する

・バランスの良い食生活を送るように心掛ける

・夜更かしを避けてしっかりと睡眠をとる

 

自分の考え方を変えたり生活習慣を見直したりすれば精神的な負担が軽くなり、うつ病や自律神経失調症といった精神的な病気を予防できますので一度試してみてください。


「ごぼう茶と健康」に関するページ

m