ごぼう茶と育毛

ごぼう茶と育毛について

アンチエイジング効果に優れていると考えられているごぼう茶は、実は育毛にも何かしらの効果を得られると言われております。

 

結論から言うと、ごぼう茶を飲んだだけで髪の毛がフサフサになり、抜け毛や薄毛が改善されるということは絶対にありません。

 

育毛剤を試しても中々上手くいかないのが現実ですし、ごぼう茶にそのような効能があるわけではありませんが、血行促進作用と抗酸化作用を持ち合わせているというのは紛れもない事実です。

 

抜け毛の大きな元凶であるジヒドロテストステロン(DHT)を抑えるような働きはないものの、身体を温めて血行を良くしてくれるので、頭部の血流も必然的に良くなります。

 

血液の流れが良くなれば、それだけきちんと栄養分が運搬されるようになるため、髪の毛の成長に欠かせない栄養素が行き渡り、結果的に育毛効果を得られるという仕組みです。

 

血液をサラサラにしてくれているのは、ごぼう茶の中に含まれているサポニンやクロロゲン酸と呼ばれる成分で、同時に生活習慣病の予防にも繋がるので、積極的に摂取した方が良いでしょう。

 

そして、他の野菜と比べても抗酸化作用はトップクラスで、肌の老化を若返らせることができ、頭皮にもその効果は及ぶはずなので、間接的に育毛を促してくれます。

 

このように、ごぼう茶で育毛効果を更にアップさせることは十分にできるので、「髪の毛が薄くなってきた」「頭を洗っていると抜け毛が気になる」という方は、頭部にも栄養分を運ぶためにもごぼう茶を飲むべきです。

 

当サイトでは、自然の力で育まれた「山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶」をご紹介しており、お試しパックが600円という安い料金で販売されているので、是非一度注文してみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、カフェインが一切含まれていないというところが、ごぼう茶の大きなメリットだと説明できます。

 

コーヒーや緑茶といった飲み物の中には、カフェインが含まれており、身体に悪い物質とは一概に言えないものの、体温を低下させて冷え性の症状を悪化させてしまうのです。

 

そして、冷え性になると全身の血行が悪くなるという特徴があり、頭部にも流れる血液量が減り、髪の毛を作っている毛母細胞が運搬されにくくなって育毛効果がどんどん落ちていきます。

 

フサフサの髪の毛を保ちたいというのであれば、育毛剤に頼るとともに頭部の血行を促進させなければならないので、カフェイン飲料よりもごぼう茶を飲むように心掛けた方が良いでしょう。

 

もちろん、ごぼう茶による効果は短期間で得られるというわけではないので、育毛効果を増進したいのであれば、適度な運動を行ったり頭皮マッサージをしたりして、血液やリンパの流れを促す必要があります。

 

どのような方法にしても、長い期間に渡ってケアをしなければなりませんが、諦めずに育毛ケアを続けるようにしてください。


「ごぼう茶のメリット」に関するページ

m