ごぼう茶で水分補給をしよう

ごぼう茶で水分補給をしよう

糖分が含まれたジュースを飲むのではなく、ごぼう茶で水分補給をしてみてはいかがでしょうか。

 

ホットでもアイスでもごぼう茶は飲み物という点では変わりありませんし、代表的なノンカフェイン飲料となっています。

 

どんな種類のごぼう茶でもカフェインは一切含まれていないので、妊娠中や授乳中の女性の水分補給として非常に適した飲み物なのです。

 

「ごぼう茶を飲んでも水分補給には繋がらない」と考えている方はいますが、決してそんなことはありません。

 

「気温の高い夏場は爽快感を得るためにアイスで飲む」「気温の低い冬場は身体を温めるためにホットで飲む」と飲み方を変えることで効率良く水分補給ができます。

 

糖分やカロリーはほとんど含まれていませんし、下記のように栄養素が豊富なのがごぼう茶の大きな特徴です。

 

 

・ビタミン

・ミネラル

・ポリフェノール

・食物繊維

 

 

たった1杯のごぼう茶を飲むだけでも毎日の食生活で不足しやすい栄養素を補えますし、特に野菜不足や魚不足に陥っている方におすすめです。

 

「種類が多すぎてどのごぼう茶を飲めば良いのか分からない」という方には、当サイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶をおすすめします。

 

品質の高い国産のごぼうを使った美味しい健康茶なので、まずは山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶のお試しパックを購入してみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、「ごぼう茶で水分補給をするタイミングはいつが良いの?」という疑問を抱えている方は多いかもしれません。

 

しかし、ごぼう茶は医薬品ではなく健康食品の一種なので、飲み方や飲む時間帯は明確には決められていないのです。

 

例えば、医薬品ならば種類によって、「食事の30分前に服用する」「食事の30分後に服用する」「食事と食事の間に服用する」と定められています。

 

医薬品の種類によって身体に与える影響は大きく異なりますし、余計な負担を加えないためにもベストなタイミングで飲まなければならないのです。

 

その点、ごぼう茶は他のジュースやお茶と同じ飲み物なので、寝起きでも就寝前でも好きな時間に飲んで水分補給ができます。

 

カフェインが含まれているコーヒーや紅茶に関しては、睡眠を阻害しないためにも寝る前に飲むのはなるべく避けた方が良いでしょう。

 

ごぼう茶に関してはコーン茶やルイボスティーと同じようにノンカフェインなので、自由に毎日の生活に取り入れて健康を促してみてください。


「ごぼう茶のメリット」に関するページ

m