ごぼう茶と妊婦

ごぼう茶は妊婦にも効果がある?

ごぼう茶は妊婦にも効果がある?

「ごぼう茶は妊婦さんに良い」といった口コミの評判を耳にして、「今日から飲み始めてみようかな・・・」という女性は少なくありません。

 

ごぼう茶の中には食物繊維がたっぷりと含まれていて、腸内環境を良くするサポートをしてくれるため、便秘の改善に非常に適しています。

 

全ての妊婦さんに該当するというわけではありませんが、妊娠中は女性ホルモンのバランス崩れによって、便秘といった腸内環境の乱れに繋がることが多いのです。

 

しかし、お腹の中の赤ちゃんのことを考えて、便秘薬といった医薬品はなるべく服用しない方が良いので、ごぼう茶で便秘の体質改善を図るのが安全だということがお分かり頂けるでしょう。

 

以下では、なぜ妊娠中の妊婦さんが便秘の症状で悩まされやすいのか、考えられる理由をまとめてみました。

 

・エストロゲンとプロゲステロンの女性ホルモンのバランスが崩れて腸の働きが鈍くなる

・つわりや吐き気の症状によって食べ物をあまり食べられなくなる

・疲労やストレスによって自律神経が乱れて腸が本来の働きをしなくなる

・お腹が大きくなるにつれて運動不足に陥って腸のぜん動運動が鈍くなる

 

こんな原因で起こる便秘を解消する効果がごぼう茶にはありますので、腸内環境が乱れやすい妊婦さんに欠かせない飲み物と言っても過言ではありません。

 

それに、お腹の中の赤ちゃんを元気に育てていくためには、お母さんがたっぷりと栄養分を補給しなければならないので、ビタミンやミネラルなど豊富な成分を含むごぼう茶が適していますよ。

 

国産のごぼうを使っている製品であれば副作用が引き起こされることはなく、安全にごぼうの中に含まれている栄養分を体内に取り入れることができるのです。

 

製品によっては中国産のごぼうを使った悪質なごぼう茶が出回っていますので、体質改善を図ろうと考えている妊婦さんには「山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶」をおすすめします。

 

山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶は国産の高級なごぼうを使っていますし、臭みを上手に消して飲みやすくしていますので、妊婦さんは是非一度飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 


妊娠中にごぼう茶を飲んで悪影響はないの?

妊婦さんの中には、「妊娠中にごぼう茶を飲んで悪影響はないの?」という質問をされる方がいます。

 

確かに、自分だけの身体ではなく赤ちゃんのことを考えて生活を送っていかなければならないため、口の中に入れるものに気を配るのは当然です。

 

しかし、ごぼうの皮を煎じたごぼう茶の中には、コーヒーや紅茶のようにカフェインが含まれていませんので、妊婦さんでも安心して飲むことができます。

 

色々な飲み物に含まれているカフェインは脳を覚醒させるという良い作用があるものの、心身を刺激する物質ですので妊婦さんはできる限り控えないといけません。

 

少量であれば特に問題はありませんが、カフェインを過剰に摂取し過ぎて胎盤を通じて赤ちゃんに運ばれると異変が生じるというリスクがありますので、ノンカフェインのごぼう茶は安全だということがお分かり頂けるでしょう。

 

妊娠中の妊婦さんがごぼう茶を飲めば上記で説明した便秘解消効果に加えて、「妊娠高血圧症候群によるむくみを予防できる」「ポリフェノールの抗酸化作用で血流を促して冷え性を改善する」といったメリットもありますので、毎日の生活に取り入れる価値はたくさんありますね。

 

「ごぼう茶の効能は分かったけれど、味がちょっと・・・」と悩んでいる妊娠中の女性には、以下の健康茶もおすすめです。

 

・ノンカフェインで鉄分を摂取できるルイボスティー

・夏場に飲む定番の飲料の麦茶

・カフェインレスで高血圧の予防や改善が期待できるそば茶

 

ごぼう茶と合わせて飲むのも良いですし、自分が好きな健康茶をネット通販の中から探してみるのが良いのではないでしょうか。

 

ごぼうには子宮や卵巣を刺激する作用があるため、あまり飲まない方が良いと語っている専門家もいらっしゃいますが、健康をサポートしてくれるという効果は間違いないので不安な妊婦さんはかかりつけの医師に相談してから飲み始めてみてください。


「ごぼう茶と妊婦」に関するページ

m