韓国で販売されているごぼう茶はどう?

韓国で販売されているごぼう茶はどうなの?

ごぼう茶と聞き、「日本独特の健康茶なのでは?」とイメージしている方は多いのではないでしょうか。

 

しかし、ごぼう茶は日本だけではなく韓国でも販売されていることが分かりました。

 

アメリカやヨーロッパでは日本とは違ってごぼう茶を飲む習慣はないものの、韓国では香ばしい味が人気で多くの人が飲んでいますよ。

 

以下では韓国で販売されているごぼう茶の種類や大まかな特徴をまとめていますので、日本の製品との違いをチェックしておいてください。

 

Kwangdongのごぼう茶:かなり濃いめで香ばしい味に仕上げているのが特徴で、ティーバックタイプはかさばらないのでお土産にピッタリ

ダムティーのウオン茶:ソウル駅のロッテマートで販売されているごぼう茶で、ごぼうの香りではなくごぼうそのものの味がする

ダソンのごぼう茶:大手の通販サイトのAmazonで購入でき、40個入りのティーバックで466円と格安の料金で販売されている

 

製品によっては通販で購入できないものの、韓国旅行をした際にお土産として日本へと持ち帰るのは選択肢の一つですね。

 

韓国で販売されているごぼう茶の中にも、日本の製品と同じように次の栄養素や成分がたっぷりと含まれています。

 

・水溶性の食物繊維で腸内環境を整えて便秘を解消したり利尿作用でむくみを和らげたりできる「イヌリン」

・抗酸化作用が非常に高く、身体の内側からアンチエイジング効果が期待できる「サポニン」

・毛穴や皮脂腺を引き締めて肌の炎症を抑え、ニキビや吹き出物の改善をサポートする「タンニン」

 

どれも不規則な食生活を送っていると不足しやすい栄養素ですので、バランス良く摂取するために韓国のごぼう茶を飲んでみてください。


わざわざ韓国のごぼう茶を選ぶメリットはない!

結論から言うと、わざわざ韓国のごぼう茶を選んで飲むメリットはありません。

 

お土産として試しに買ってみるのは選択肢の一つですが、長く毎日の生活で継続しようと考えているのであれば国産のごぼう茶を飲むべきですね。

 

韓国のごぼう茶ではなく、国産のごぼう茶を飲んだ方が良い理由について詳しく見ていきましょう。

 

・国産の方が無農薬を使って栽培されたごぼう茶が多い

・韓国のごぼう茶は日本とは違って製品の種類が明らかに少ない

・インターネット通販で購入できる韓国のごぼう茶は限られている

 

「国産のごぼう茶=安全性が高い」「韓国のごぼう茶=危険性が高い」と言い切ることはできないものの、国内で生産されたごぼうを使った健康茶の方が安心できます。

 

当サイトで紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶は、国産の高品質なごぼうをふんだんに使った美味しいお茶に仕上げました。

 

若々しく健康的な毎日を送るサポートをしてくれますので、身体の内側から体質改善を図りたい方は山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 


「ごぼう茶の種類」に関するページ

m