ごぼう茶が赤ちゃんに良い理由

ごぼう茶が赤ちゃんに良い理由はこれだ!

ごぼう茶が赤ちゃんに良い理由はこれだ!

「赤ちゃんでもごぼう茶は飲めるの?」という疑問を抱えている親御さんは少なくありません。

 

確かに、ごぼう茶はどちらかと言うと苦い健康茶に分類されますので、「子供や赤ちゃんではなく大人の飲み物」とイメージしている人はいます。

 

しかし、ごぼう茶は他の健康茶と同じように余計な成分は一切排除されておりますし、カフェインも含まれていませんので赤ちゃんでも飲むことは十分に可能ですよ。

 

通販で販売されている製品によって異なりますので一概には説明することはできないのですが、赤ちゃんがごぼう茶を飲むことで次のメリットがあります。

 

・2種類の食物繊維が豊富に含まれているので赤ちゃんの便秘を解消できる

・ミネラルなポリフェノールなど生きていくために必要な栄養素を補給できる

・水や白湯の代わりとして水分補給に繋がる

 

大人と同じように赤ちゃんでも便秘に悩まされることは多く、ウンチが出ないということで苦しんでいる子供の姿を見ていると可哀想になります。

 

だからといって、ドラッグストアで販売されているような大人の便秘薬を服用させるのは危険ですし、副作用で苦しむ可能性が高いのでごぼう茶を飲ませて体質改善を図った方が良いのです。

 

ごぼう茶の中には腸内環境を整えてくれる食物繊維が豊富に含まれていますので、便秘に悩む赤ちゃんだけではなく野菜が嫌いな子供に飲ませるのも良いでしょう。

 

お通じを良くして便秘を解消して健康的な生活を送るサポートをしてくれるのが、ごぼう茶が赤ちゃんに良い理由ですね。

 

赤ちゃんでも体内のリズムが崩れて老廃物が体内に溜まりやすいという現象が引き起こされる可能性はありますので、国産の高品質なごぼうを使った「山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶」をおすすめします。

 

ごぼう茶なのでカフェインは一切含まれていませんし、他の製品と比べて臭みが緩和されていますので、是非一度「山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶」を購入してみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 


ごぼう茶を赤ちゃんに飲ませる上での注意点

このページでは、ごぼう茶を赤ちゃんに飲ませるに当たって押さえておきたい注意点を幾つか挙げてみました。

 

・国産で無農薬の安心できるごぼうを使っている製品を飲ませる(中国産や韓国産は避けた方が良い)

・ごぼうに含まれているサポニンでアレルギー症状が出ないのかどうかかかりつけの医師に確認する

・身体に良いからといって飲ませ過ぎないようにする(過剰摂取で下痢のリスクが高くなる)

 

健康や美容に良いからといって赤ちゃんにごぼう茶をガブガブと飲ませていると、下痢や腹痛など不快な症状のリスクが高まります。

 

ごぼう茶の効果はゆっくりと身体にあらわれますので、焦らずに体質改善を図るのがコツですね。


ごぼう茶は授乳中の女性にもおすすめ!

ごぼう茶は赤ちゃんに飲ませるというだけではなく、授乳中の女性にも適した飲み物の一つとなっています。

 

一度も出産を経験したことのない女性は、子供を産めば自然と母乳が出ると考えているかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

母乳が思うように出ないということで悩んでいる授乳中の女性は意外と多く、母乳の出が悪くなって乳腺が炎症を引き起こす病気を患うことも十分にあり得るのです。

 

そこでごぼう茶を飲むことによって母乳がサラサラの状態となり、以前と比べて出やすくなるので美味しい母乳で赤ちゃんをしっかりと育てることができます。

 

母乳の質を良くするミネラル分も豊富に含まれており、カフェインが排除されている飲み物の一つですので、授乳中の女性でも安心して飲めるというわけです。

 

妊娠中と比べればそこまでカフェインの摂取を避けようと神経質になる必要はありませんが、過剰摂取による弊害が意外と大きい成分なのでコーヒーや紅茶はなるべく控えないといけません。

 

その点、ごぼう茶であれば安心ですし、身体を温める作用によって冷え性で悩む女性をサポートしてくれますので、毎日の生活の中に取り入れてみましょう。


「その他」に関するページ

m