ごぼう茶とえのき茶

ごぼう茶とえのき茶について

ごぼう茶以外にも健康茶は幾つも存在しており、その中の一つがえのき茶となっております。

 

ごぼう茶と同じように、えのき茶を毎日の生活に取り入れているという方は多く、お湯を注いで飲んだり料理の中に混ぜたりと、様々な飲み方ができるのです。

 

ごぼうを使って作られたごぼう茶には、体内を綺麗にして便秘を解消し、ダイエットや若返りを促すという効能があります。

 

一方で、えのき茸を使ったえのき茶には、内臓脂肪を燃やしてくれるという作用があるので、美容にも健康にも良いというメリットがあるのです。

 

ごぼう茶の中にも、コレステロールの分解を促してくれるサポニンと呼ばれる成分は含まれているものの、えのき茶の中に配合されているキノコキトサンやエノキタケリノール酸は、もっと大きな効果が得られるかもしれません。

 

数多く存在するキノコ類の中で、脂肪の吸収を抑えるキノコキトサンの含有量が最も多いのはえのきで、内臓脂肪を減少させるエノキタケリノール酸もたっぷりと含まれております。

 

これらの成分の効能を十分に活かしたいというのであれば、えのき茸を天日干しにしてパリパリの状態になるまで乾燥させ、その後に自宅でえのき茶を作るべきです。

 

ごぼう茶もえのき茶も、市販で販売されている製品ではなく、自宅でオリジナルのものを作れるというのが大きなメリットだと言えるでしょう。

 

もし、自宅で作るのが面倒で通販の製品を利用したいというのであれば、このサイトでご紹介している「山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶」をおすすめします。

 

市販で販売されているえのき茶は少ないものの、ごぼう茶は意外と種類が多いですし、その中でも「山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶」は大変人気を得ているので、是非一度飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、ごぼう茶でもえのき茶でも両方の飲み物に言えることなのですが、食物繊維がたっぷりと含まれているので、過敏性大腸炎を患っている方は避けた方が良いと説明できます。

 

確かに、便のカサを増して排出しやすくしてくれる食物繊維は便秘の解消に役立つものの、過敏性大腸炎のような痙攣性の便秘に悩む方には逆効果かもしれないので、ごぼう茶もえのき茶も避けた方が良いのです。

 

他にも、この2つの健康茶の中にはカリウムが含まれており、高カリウム血症や腎機能の低下を引き起こしているという方は、思わぬトラブルが生じる可能性があります。

 

ごぼう茶にしてもえのき茶にしても、健康を促す効果があったとしても病気を治す薬ではないので、身体に何かしらの不安を抱えている方は早めに病院を受診してください。


「その他」に関するページ

m