ごぼう茶の作り方

ごぼう茶の作り方について

ごぼう

若返りにもダイエットにも期待できるのがごぼう茶で、市販で販売されている製品ではなく、自宅でオリジナルのものを作るというのも選択肢の一つとなっております。

 

ごぼう茶の作り方はそこまで難しいわけではありませんし、調理時間も短いので、手軽に健康な飲み物を作れるというわけです。

 

そこで、このページでは、簡単なごぼう茶の作り方を説明しているので、自宅で作りたいと思った方は、一度試してみてください。

 

 

食材を準備しよう

ごぼう茶を作る上で欠かせない食材は、言うまでもなくごぼうで、土の付いたごぼうをそのまま使用するわけにはいかないので、水洗い用のタワシを使用して綺麗に落としていきます。

 

普段料理をする際にごぼうの皮を剥いているという方がいらっしゃいますが、実はこの皮の中に健康と美容に欠かせない栄養素が含まれているのです。

 

そのため、ごぼう茶を作るという場合は、ごぼうの皮ごと利用するようにしましょう。

 

 

細いささがきにしよう

次にピーラーを使用してごぼうをささがきにして、水には晒さずに細かくしていきます。

 

灰汁の発生を抑えるために、酢水などに浸すのは一つの選択肢だと言えるものの、栄養分が逃げてしまう可能性があるため、灰汁抜きは行わずにごぼう茶を作っていくのです。

 

 

天日干しにしよう

その後は、ごぼうに付着した水分を逃がすために半日間ほど天日干しをしていきます。

 

季節によって乾燥までに掛かる時間は異なるのですが、半日間ほど天日干しをしていれば、カラカラの状態になるはずです。

 

この作り方が面倒という方は、クッキングペーパーにささがき状になったごぼうを乗せて、電子レンジで温めるという方法が良いかもしれません。

 

電子レンジを使用する場合は、熱しすぎないように注意し、ラップを掛けずに600Wで6〜7分程度温めていきます。

 

 

フライパンで乾煎りしよう

最後にフライパンを使用して乾煎りし、煙が出る寸前の約10分間程度がベストだと言えます。

 

ごぼうの色が濃くなり、パリパリになる程度が目安で、あまりにも熱しすぎるとごぼう茶にした際に苦くなるので、弱火で乾煎りするのがポイントです。

 

そして、出来上がったごぼうを急須の中に入れて、お湯を注いで2分程度待てば、手作りのごぼう茶が完成となります。

 

 

 

以上のような作り方で、美味しい自分だけのごぼう茶ができるのですが、市販の製品と比べて保存期間が短いというのがデメリットかもしれません。

 

どんな保存方法をしていても、1週間以上持つということはないので、早めに飲まなければならないのです。

 

品質が劣化したごぼう茶を飲んでいても健康や美容を促せませんし、下痢や腹痛など体調不良で悩まされる可能性も十分にあります。

 

いちいちごぼう茶を作るのが面倒だと感じている方には、このサイトでご紹介している「山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶」がおすすめです。

 

市販の製品であれば、賞味期限はある程度長いですし、ごぼうの土臭さを消して飲みやすくなっているので、是非「山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶」を飲んでみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 


「ごぼう茶の作り方」に関するページ

m