美味しいごぼう茶の濃度

美味しいごぼう茶の濃度はどのくらい?

ごぼう茶の場合は生理食塩水のように濃度が決まっているわけではなく、濃いのか薄いのかは自分の意志で調節できます。

 

ごぼうの風味を活かしたい⇒濃い濃度で作る

苦いのがあまり好きではない⇒薄い濃度で作る

 

「薄いから健康効果や美容作用があまり期待できない」というわけではありませんし、医薬品ではなく健康茶なので何よりも自分が飲みやすいかどうかが大事です。

 

豊富な栄養素が含まれていたとしても、飲む度にストレスが溜まっているようでは意味がありません。

 

そのため、ごぼう茶などの健康茶を自宅で作る際は、煮出す時間を考えて適切な濃度にコントロールして飲み続けるのがコツの一つです。

 

ごぼう茶の濃さに関しては自宅で作るだけではなく、市販品を飲む際にも自分で調節できます。

 

当サイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶はティーバッグタイプとなっており、紅茶と同じようにお湯の中に漬けておく時間を調節して濃さを自由に変えられるのです。

 

ティーバッグ1包で簡単に美味しいごぼう茶を作れますし、スーパーで食材を購入して自分で作るよりも圧倒的に楽なのではないでしょうか。

 

また、水出しごぼう茶にすると渋みや苦味が緩和されるので、山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を飲む際に試してみてください。

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 


ごぼう茶に含まれるカリウムの過剰摂取に注意

ごぼう茶を飲むに当たり、カリウムの過剰摂取には十分に注意しなければなりません。

 

健康体ならば特に問題はなく、カリウムには以下のように様々な効果が期待できます。

 

・筋肉を正常に保つ

・手足のむくみを予防する

・生活習慣病の高血圧を予防する

 

このように生命活動の基盤となる栄養素と言っても過言ではなく、夏場は特に大量の汗をかいて体外へと排出されるので意識的な摂取が必要です。

 

しかし、有用な効果を持つカリウムでも腎臓に疾患を抱えている患者さんが多量に摂取しているとスムーズに排出されず、血中濃度が高くなって高カリウム血症に陥る恐れがあります。

 

普段の食事でもカリウムは取り入れますし、健康をサポートするからといってごぼう茶をガブガブ飲んで血中濃度が高くなるような状態は絶対に避けなければなりません。

 

既に腎臓の病気を治療するために通院しているのならば、かかりつけの医師にどのくらいの量のごぼう茶まで大丈夫なのか伺ってみてください。


「ごぼう茶の作り方」に関するページ

m