ごぼう茶と冷凍保存

ごぼう茶と冷凍保存について

腸内環境を整えて免疫力をアップさせたり、コレステロールを除去できたりとごぼうには様々な効能があり、女性から人気の食材となっております。

 

炊き込みご飯やきんぴらごぼうだけではなく、自宅でごぼう茶を作っている方も少なくありません。

 

しかし、ごぼうをたくさん購入しても毎回のように下ごしらえをしなければならないのは少々面倒なので、冷凍保存の方法を心得ておくと便利です。

 

スーパーで購入してきたゴボウをささがき状にして冷凍保存しておけば、飲みたい時にごぼう茶を飲むことができます。

 

通販では安い料金でごぼう茶が販売されているものの、「自宅でオリジナルのごぼう茶を作って飲みたい」という方は、冷凍保存をした方が良いのではないでしょうか。

 

その方法は、「ごぼうを洗って皮を剥く」⇒「水を張ったボウルの中にささがきにして入れる」⇒「30分から1時間程度水に浸してお酢を加える」⇒「水から引き上げてペーパータオルで水気を取る」⇒「ジップロックビニール袋の中に入れて冷凍保存する」となっております。

 

冷凍保存の方法は非常に簡単ですし、そのごぼうを使ってお湯を注げば好きな時にごぼう茶を飲めるというわけです。

 

もし、自宅でごぼう茶を作るのが面倒だという方には、当サイトでご紹介している山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶をおすすめします。

 

お試しパックが600円という格安の料金で販売されているので、インターネットから山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶を注文してみてください。

 

 

>>> 山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶の詳細はこちら

 

 

さて、ごぼう茶を自宅で作る場合、冷蔵庫で保存するよりも冷凍保存した方が長持ちします。

 

乾燥した茶葉は湿気を吸いやすく、頻繁に蓋を開けたりスプーンに触れたりすると直ぐにしけってしまうため、なるべく早く使い切らなければならないのです。

 

もちろん、冷凍保存していても、嫌な臭いが出たりカビが生えたりして美味しいごぼう茶を飲むことができなくなるので、少しでもおかしなところがあれば廃棄した方が良いかもしれません。

 

いくら栄養素が豊富で健康的だと言われているごぼう茶でも、品質が悪くなった食材を使って飲んだとしても美容や健康を促すことはできないのです。

 

冷凍していても保存できる期間はある程度限られているため、ゆっくりとごぼう茶を飲んでいきたいのであれば通販の既製品を購入した方が良いのではないでしょうか。

 

山崎農園産あじかん焙煎ごぼう茶以外にも有名な製品は幾つもあるので、通販で自分に合いそうなごぼう茶を探してみてください。


「ごぼう茶の作り方」に関するページ

m